悪くなった視力って回復させることはできるのでしょうか?いろいろな視力回復に関するトピックを紹介していきます。

           スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
           スポンサードリンク

視力回復をする方法としてコンタクトレンズを使う方法があるようです。こういった視力回復コンタクトレンズについてはよく知らなかったのですが、なんでも6時間から8時間ほど装着して寝るだけで、近視や乱視を矯正できるという、魔法のようなコンタクトらしいんですね。

でもこの視力回復コンタクトっていうものは、私が知らなかっただけで実はアメリカでは30年以上にわたって実績を持っている視力回復法なんだそうです。英語で言うとオルソケラトロジーなんて舌をかみそうな名前で呼ばれています。

ちょっと具体的にいうと、寝る前に特殊な高酸素透過性ハードコンタクトレンズを装着して、角膜の形状を矯正するというというのが仕組みです。この視力回復コンタクトの一番のいいポイントは、手術の必要がなく、起きているときは裸眼でいられるということではないでしょうか。

視力回復コンタクトは、子供の方が効果的だと考えられているようです。特に子供の場合はまだ視力が安定していない状態なので、大人より効果がでやすいのだそうです。もちろん、子供でなくても65歳くらいまでの大人も視力回復コンタクトを使って視力を回復することができます。

このように視力回復コンタクトでの視力回復は、現時点でメガネやコンタクトが手放せない人にとっては、大変理想的な視力回復法なのですが、強度の近視や乱視の人、ドライアイの人、アレルギー体質の人などは使用できません。また、視力回復コンタクトが日本であまり知られていないのは、健康保険の適用外の扱いなので、残念なことにかなり高額になってしまうこと、おそらくことらが大きな鯨飲ではないかと思います。

ちなみにアメリカでは、この視力回復コンタクトを100万人以上が使っています。ですので日本でも早く健康保険が適用されて、安価に利用できるようになってもらいたいですね!

視力回復コンタクトの特徴は、装着期間が長くなれば長くなるほど、コンタクトの形状に眼がなじんでくるためだと思うのですが、一日の装着時間が短くても矯正効果が持続するようになるそうです。そのかわり、視力回復コンタクトを装着するのをやめてしまうと、視力は徐々に戻ってしまうんだそうです。そういう点から考えると、視力回復コンタクトでは根本的な視力の回復は期待できそうにないですが、寝ている間だけコンタクトをつけていれば、昼間にメガネもコンタクトも必要なくなるというのは非常に魅力的に聞こえますね。
スポンサーサイト

関連タグ : 視力回復, コンタクトレンズ, 視力回復コンタクト, オルソケラトロジー,

           スポンサードリンク

さて今日は視力回復トレーニングについて書いていきたいと思います。

視力回復トレーニングといえば、ネットや本なんかで調べるとほんとにいろいろな方法がありますね。ただ、大きく分けると2つの方法に分類できるように思います。

その1つ目の視力回復トレーニングの方法としては、眼球トレーニングと呼ばれるものです。大雑把に言うと目を上下左右に動かし、斜めに動かした後、ぐるりと左右に回します。また、意識的に寄り目にしたり、反り目にしてみるのも、眼球トレーニングになると思います。この方法は、パソコンやゲーム、読書などで大きく目を動かすことが少なくなった目の筋肉をストレッチして、目の筋肉をほぐし、また鍛えることが目的となります。人間の体も動かさないとなまってきますよね。それと同じで、目の運動をすることで本来っ持っている目の機能を取り戻そうってことなんだと思います。

次に、2つ目の視力回復トレーニングの方法が、遠近トレーニング法になります。やり方としては、目の近くにポールペンや指などを突き出して、じっとみます。そして次になるべく遠くのものをみて、また近くのものをみます。このように、近くのものと遠くのものを交互にみることで、目のピント調節機能を鍛えるトレーニングになります。調節力のトレーニングとしては、ギリギリみえるかみえないかという遠くの小さい文字を目を細めないようにしながら、注意深くみるのも有効な方法です。

どちらにもいえることですが、なまった目の機能を意識的に使うようにすることで本来持っている目の調節機能を取り戻そうということなんだと思います。これらのトレーニングをするために高価な機械なんかが販売されていますが、そういうものを使わなくても身近にあるものを利用すれば簡単にできることだと思います。それに周りの景色を意識的にみることもリラックスや気分転換にもなりますね。

こういったトレーニングをするときに注意することは、トレーニング中は息を止めないで、瞬きを強めにして行います。終わった後は、目を閉じて目を休ませてる事も重要です。また、目に痛みや異常を感じたら無理せずトレーニングを中止してください。もちろん視力回復トレーニングは、必ず裸眼で行ってください。特にコンタクトレンズをしたままのトレーニングは大変危険です。

また、視力回復トレーニングは、やりすぎると逆効果になってしまうこともあります。体を鍛えるときもオーバーワークは体を壊しますよね。また、普段あまり使っていないところをいきなり酷使するのも危険ですからね。なので、視力回復トレーニングをやるときには、一回10分程度にとどめ、毎日継続して行いましょう。毎日続けることが重要ですよ!!

視力回復トレーニングを1回だけ行ったからといって、効果が出るわけではありませんが、続けることで成果が出てくると思います。。見た感じ視力回復できていないように思えても、本当は視力の悪化が進行しないですんでいるのかもしれません。じっくりと長い目で見ることが重要です。なんか筋トレを同じ感じがするのは私だけ?(^-^:

関連タグ : 視力回復トレーニング, 眼球トレーニング, 遠近トレーニング, 筋トレ,

           スポンサードリンク

さて、前回は視力回復手術について書きましたが、やっぱり手術って抵抗がありますよね。そういった場合、視力回復センターというところがありますね。

ただ、視力回復センターって実際のところどうなのでしょうか。定期的に通わないといけないみたいだし、時間もかかりそうです。
また、視力回復センターに通って視力が回復できたという方もいれば、全然効果回復しなかったという人もいるみたいです。
いろいろ調べてみたのですが、どうやら視力回復センターで視力回復できるのは、仮性近視の人でないとなかなか難しいみたいなんです。

仮性近視っていうのは子供に多くみられる状態なのですが、これは近くを見やすいように目が適応しているだけで、近視というわけではないのだそうです。その仮性近視の時期に、メガネをかけたり、コンタクトをつける習慣をつけてしまうと、本当の近視になってしまうそうです。私はこれを知ってショックでした。子供のころの仮性近視の状態の頃にメガネをかけるように勧められました。この頃にきちんと説明があって安易に眼鏡をかける事がなければ視力の低下を防げたかもしれないのですから。まぁ、当時はゲームにはまっていたのでどうしようもなかったかもしれませんが・・・(^^;

さらに、視力回復センターに通って視力回復のためのトレーニングをうけるには、結構なお金がいるんだそうです。そのうえ、受けられるトレーニングの多くは、書店で売っている視力回復の本でも紹介されてる者が多いみたいです。もちろん、視力回復センターの全部がそういうところだとはいいませんし、中には非常に効果のあるトレーニングを行う視力回復センターもあると思います。

おすすめするのは、視力回復センターに実際に通う前に、視力回復の本を買って自分で眼球運動をしてみたり、視力回復のためのマッサージなどをしてみることです。また、実際に視力回復センターに通うつもりなら、無料体験できるところで様子を見てみるほうがいいと思います。通っている人の話なんかも聞ければ、本当に視力が回復しているのか聞いてみた方がいいでしょう。単に入会するだけで、何万円もかかる視力回復センターもあるようですから、入会する前にはよく調べてみてくださいね。

どうしても緊急に視力を回復させる必要がある場合は、視力回復センターに行くよりも、視力回復手術を検討する方がいいのかもしれません。ただ、視力回復手術は、まだかなりお金がかかりますし、視力の安定していない若いうちに受けてしまうと、手術後に視力が低下してしまうこともあるらしいので注意が必要です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。