悪くなった視力って回復させることはできるのでしょうか?いろいろな視力回復に関するトピックを紹介していきます。

           スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
           スポンサードリンク

視力回復をする方法としてコンタクトレンズを使う方法があるようです。こういった視力回復コンタクトレンズについてはよく知らなかったのですが、なんでも6時間から8時間ほど装着して寝るだけで、近視や乱視を矯正できるという、魔法のようなコンタクトらしいんですね。

でもこの視力回復コンタクトっていうものは、私が知らなかっただけで実はアメリカでは30年以上にわたって実績を持っている視力回復法なんだそうです。英語で言うとオルソケラトロジーなんて舌をかみそうな名前で呼ばれています。

ちょっと具体的にいうと、寝る前に特殊な高酸素透過性ハードコンタクトレンズを装着して、角膜の形状を矯正するというというのが仕組みです。この視力回復コンタクトの一番のいいポイントは、手術の必要がなく、起きているときは裸眼でいられるということではないでしょうか。

視力回復コンタクトは、子供の方が効果的だと考えられているようです。特に子供の場合はまだ視力が安定していない状態なので、大人より効果がでやすいのだそうです。もちろん、子供でなくても65歳くらいまでの大人も視力回復コンタクトを使って視力を回復することができます。

このように視力回復コンタクトでの視力回復は、現時点でメガネやコンタクトが手放せない人にとっては、大変理想的な視力回復法なのですが、強度の近視や乱視の人、ドライアイの人、アレルギー体質の人などは使用できません。また、視力回復コンタクトが日本であまり知られていないのは、健康保険の適用外の扱いなので、残念なことにかなり高額になってしまうこと、おそらくことらが大きな鯨飲ではないかと思います。

ちなみにアメリカでは、この視力回復コンタクトを100万人以上が使っています。ですので日本でも早く健康保険が適用されて、安価に利用できるようになってもらいたいですね!

視力回復コンタクトの特徴は、装着期間が長くなれば長くなるほど、コンタクトの形状に眼がなじんでくるためだと思うのですが、一日の装着時間が短くても矯正効果が持続するようになるそうです。そのかわり、視力回復コンタクトを装着するのをやめてしまうと、視力は徐々に戻ってしまうんだそうです。そういう点から考えると、視力回復コンタクトでは根本的な視力の回復は期待できそうにないですが、寝ている間だけコンタクトをつけていれば、昼間にメガネもコンタクトも必要なくなるというのは非常に魅力的に聞こえますね。
スポンサーサイト

関連タグ : 視力回復, コンタクトレンズ, 視力回復コンタクト, オルソケラトロジー,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。