視力回復手術

ここでは、「視力回復手術」 に関する記事を紹介しています。

           スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
           スポンサードリンク

視力を回復させる手段として今一番人気があるのがたぶん視力回復手術ですよね。そして、視力回復手術の中でも、一番有名なのが、レーシック手術だと思います。

レーシック手術は、もとは人気スポーツ選手やハリウッドスターなどが受けたことが、視力回復手術として有名になる発端となりました。

レーシック手術の特徴は、痛みもほとんどなく、手術の時間もホントに短時間ですむということが、大変な人気を集めている要因みたいです。

そんなこんなで視力回復手術として人気のレーシック手術は、正式名称を「レーザー角膜屈折矯正手術」といいます。そして、レーシック手術にもいくつかの種類があります。

主なレーシック手術には、レーシック、エピレーシック、イントラレーシック、ウェーブフロントレーシック、イントラウェーブフロントレーシック、クリーンルームレーシックなどの種類があります。それぞれに特徴があり、乱視や近視の強さによって対応できるものや、対応できないものがあるようです。

レーシック手術の他の視力回復手術としては、ラセック(LASEK)やフェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)、PRK(屈折矯正手術)、RK手術(放射状角膜切開術)など、あるにはあるんですが、これらのものはいずれも健康保険が適用されないので、結構高い手術費用がかかってしまうようです。

私が視力回復手術をためらっているのは、視力回復手術しても、一生視力が悪くならないという確証があるわけではなく、また視力回復手術の種類によっては、悪くするとまた視力低下が見られるという話を聞いたことがあるからなのです。

視力回復手術を受けるときには、自分に最も適しているのはどの視力回復手術かを、慎重に見極める必要があると思います。

視力回復手術を受ける病院自体も、手術費用に惑わされずに慎重に選んだ方がいいでしょう。最近では、手術費用が非常に安くて人気だった眼科が手術器具の洗浄をきちんとしていなかったため、感染症の被害が広がったって言う事件もありましたよね。

手術をしようと思っている方は、よく考えて納得してからにしてくださいね!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。