視力のこと

ここでは、「視力のこと」 に関する記事を紹介しています。

           スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
           スポンサードリンク

皆さんの視力はどのくらいありますか?私自身は中学生の頃からどんどん視力が低下していって、30代の今、視力は0.2くらいになってしまいました。私の場合、多分ゲームのやりすぎが一番の原因だと思っています・・・

ところで、私に限らず最近では、日本人の視力がどんどん低下していってるらしいんですね。たとえば、文部科学省が発表した調査では、視力が1.0未満の子供が、小学生では3割くらい、中学生では半数以上にもなるんだそうです。

こういった最近の日本人の視力低下の大きな原因と言えば、長時間のパソコンの使用やテレビ、ゲームなどの影響が大きいことははっきりいって当然ですが、その他にもストレス、野菜不足や逆にカロリーの摂りすぎなどの生活習慣によるものも大きいようです。

でもやっぱり問題なのは、子供の頃から長い時間ゲームで遊んでいたり、パソコンを使っていることが、視力の低下につながっていることだと思います。特に最近ではゲーム機も小型化していたり、携帯電話でメールを打つのが普及したりと、小さな画面を凝視することで目を酷使することが多いのが、日本人の視力低下が顕著な原因の最大の要因かもしれません。

視力が悪くなった場合、メガネをかけたり、コンタクトレンズを使えばいいとなぜか安直に考えてしまいます。特に日本人にはその傾向が強いようですが、強度の近視の場合は網膜剥離などの合併症を生じる危険もあると言うことを知っておく必要があると思います。

また、一度視力が悪くなり始めてからは、放っておくとどんどん視力は低下していってしまいますし、意識的に何らかの努力をしないままでは、通常、視力の回復はないでしょう。
さらに、あまりにも視力が低下してしまった場合には、メガネやコンタクトレンズを使う以外の方法を考えないとならなくなることもあるそうです。

日本の場合(海外でもそうかもしれませんが)、視力が低いと取れない資格や就けない職業も実際にあります。もちろん、メガネやコンタクトレンズを使用した時の矯正視力が一定の基準に達していればいい場合もありますが、自衛官や警察官などは裸眼で0.1以上ないとなれません。もっと厳しいところでは、競馬の騎手は裸眼で0.6以上、競艇選手は裸眼(レーシックなどの手術も可)で0.8以上の視力が必要になります。

また、有名な話ですが、日本の航空会社では、レーシックやレーザー治療などの視力矯正手術を受けていると、いくら視力が回復していてもパイロットになることができません。

このように、あまりいいことのない視力の低下ですが、じゃあ低下した視力を回復させることはできるのでしょうか?
眼筋のトレーニングや手術によるものなどいろんな方法が話題になりますね。そういったトピックについていろいろ調べたことをご紹介していこうと思っています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。